同窓生の部

同窓生の部〔書〕


  『寂々無人到』

   書:佐原 加津美(高27回生)
























【釈文】(せきせきとして ひと いたるなし)ひっそりとしていて、人が訪れる気配もない。