同窓生の部

同窓生の部〔書〕


 『舒逸』

  書:近江 一芳(高22回生)




























【釈文】(じょいつ)心安らかにして、大いに楽しむ。